練習さえすれば上手くなるのは間違い

ゴルフはたくさん練習すれば上手くなると思っていませんか?
実は私もこれまで、ありとあらゆるゴルフの本や雑誌を見ては、それを実践してきましたが、こうした理論こそゴルフの上達を妨げているんですね。

 

 

論より証拠、練習量が多いのなら、ゴルフ練習場にいる皆が上手くなっているはずですよね。
そうならいのには、それなりの理由があるのです。

 

 

では、あなたはゴルフを始めた時に、どんなことを教わったり、意識しておこなってきましたか?
ボールをを良く見てとか、手打ちをしないで体重移動をさせて体で打つ、バックスイングを大きく、スイングプレーンを保つ、しっかり溜めを作って打つなどの指導を受けた方もいらぅしゃるのではないでしょうか。

 

 

例えば、プロのように体重移動をして体で打てと言われても、アマチュアゴルファーがそう簡単に真似出来るものではありませんし、スイングプレーンを一定に保ってと言われても難しすぎると思いませんか?
かと言って、バックスイングは肩を大きくまわしても、パワーが出ず、飛距離も出ないのです。ゴルフは野球のように大きく振りかぶれば飛ばせるスポーツとは違い、力の伝え方の原理がそもそも違うのです。

 

 

また、人間の頭は個人差はありますが、ボーリングのボールの重さと同じくらいの5〜6sあり、それを細い首で支えているので、ただでさえ不安定になりやすいにも関わらず、ボールを良くて見てと言われて首を前に出してしまうと、かえってバランスも崩してしまい、スイングすれば頭がぶれるのは当たり前なんです。

 

 

ツアープロなら別ですが、アマチュアゴルファーが趣味としてゴルフを楽しむのに、そこままで厳密に考えなくても、飛距離もスコアも伸びていくんです。
まずは少しだけ勇気をもって、あなたがこれまで常識だと思っていたゴルフ理論などを忘れて下さい。

 

 

それさえできれば、これまで積み重ねてきた練習での時間と労力、お金に比べれば、はるかに簡単に、しかも劇的に飛距離もスコアも、このこのソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)で伸びてくることでしょう。

 

 

苦労して練習しても、すぐに元に戻ってしまう原因をお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる