いくらスイングの練習をしても上達しない理由

ゴルフの練習をしてもなかなか綺麗なスイングが出来ず、上達しないという悩みはありませんか?
実はスイングの綺麗さが、スコア安定の重要なポイントなんですね。

 

 

そもそもゴルフのスイングは、アドレス、バックスイング、トップオブスイング、ダウンスイング、フォロー、フィニッシュ等に分類されますが、その一つ一つ動作は止まることなく一連の流れの中で行わなければいけません。

 

 

しかしながら、アマチュアゴルファーの方のスイングを見ると一度トップで止めてダウンスイングに入るといったように、スイングが止まることなく流れるように行われていない場合が時々見受けられます。
当然、このようなことをやっていてはいくら練習しても上達するわけがありません。

 

 

また、それ以外にもスイングを狂わす原因としては、構えてから打つまでが長い人もいらっしゃいますが、そうなると余分な力が入ってしまい、体がなめらかに動かなくなってしまうことがあるのです。

 

 

したがって、一度構えたら、後は一気に振り抜くことを考えましょう。
自分でリズムをとってすぐにテークバックに入り、クラブを振りはじめたら、フィニッシュまで勢いよく一気に振り抜くようにすることが大切です。

 

 

こにょうに単に練習を重ねても一向に上達しないのには、人それぞれ理由があるのです。
これを実践するだけでも、あなたのゴルフのスイングの悩みのいくつかは解消できるでしょう。

 

 

短期間でスコアをアップさせる綺麗なスイングが身につく練習法!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる