正しいアドレスの前傾姿勢を作りましょう

ゴルフでボールを打てず、時々空振りするということはありませんか?
このような人はバックスイングで体が起き上がっていることが良くありますね。

 

 

このようにトップで体が起き上がると、ボールを打つ時に、体を元に戻さなければいけないので、それだけ空振りしやすくなるのです。
そして、スイング中に体が起き上がらないようにするには、正しく構えることです。

 

 

これがゴルフでいうアドレスですが、実は正しいアドレスが出来れば、これらの多くのミスを防げると言っても良いくらい大切なんです。

 

 

そして、アドレスを作る時に最も気をつけて欲しいのが、体を前に傾ける時に腰から前に傾けるような感じになることです。
ですが、そうではなく体が前傾していても背筋が伸び、ややお尻が出るくらいで、体が起き上がらない前傾姿勢のアドレスを作ることが大切です。

 

 

その為、アドレスの作り方としては、まず胸を張った背筋を伸ばしてた状態で、力を抜いて立ちます。
次に股関節から上半身を前に傾け、体重は足の親指の付け根のあたりにかけ、膝を少し緩めるような感じで軽く曲げます。
腕は力を入れずにそのまま重力に任せて前に倒して、クラブを握ります。

 

 

これで背筋が伸び、軽くお尻が出た正しいアドレスの出来上がりです。

 

 

なお、これはあくまで基本的なアドレスです。あなたも韓国人プロのスイングは、なぜ皆同じなのか疑問に思ったことはありませんか?

的確なアドレスさえしていれば、ボールの芯にヒットさせるのは難しいことはありません。
もし、あなたがスコアアップにお悩みなら、このソヘリの韓国式90切りプログラムDVDDで、もう一度、アドレスを修正してみましょう。

 

ボールに最大限の力を伝える的確な韓国式アドレスをお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる