スイング時のリズムがスコアアップには大切

スコアアップするには、スイング時のリズムを身につけることが大切ですね。
実際にゴルフが上手い人は必ずと言っていいほど同じ手順でアドレスに入っています。

 

 

この手順のことをルーティンといいますが、これを毎回することで手順通りに構えることが出来るようになり、目標や構えなどのボールを打つ前にチエックしておきたいことを再確認できるのです。

 

 

更に、毎回同じ手順を踏むようにすることで、スイングにリズムが生まれ余裕が出来てくるようになります。
その為、スコアがいいゴルファーは自分で決めたルーティンを確立していて、それを守るのです。

 

 

とは言え、このルーティンはラウンドの時だけやろうとしてもなかなか出来るものではないので、練習からリズム良くスイングが出来るように、自分なりの打つ手順であるルーティンを決めておいたほうがスコアアップに繋がりますし、安定するでしょう。

 

 

そして、スイングのリズムをを作るルーティンの最低限の動きと流れとしては、ホール全体を見回しながらティグラウンドを見て、ドライバーのティアップする場所を決めます。
次に、対象物にボールが向かって飛んでいくのをイメージしながら軽く2〜3回素振りをします。

 

 

ボールの後方に立ち、ホール全体を見ながら再度目標を確認します。(ボールの後ろに立つ距離は、自分で3歩や5歩といったようにやりやすい歩幅を毎回決めておきます。
目標の打ち出したい方向に対してフェースの向きをしっかり正確に合わせ、足を開いてアドレスの完成です。

 

 

この手順を毎回踏むようにすれば、失敗が減り、スイングにもリズムが生まれてくるでしょう。
なお、スイング時のリズムが悪いとミスが多くなり、いつまでたってもスコアにばらつきがあるままになってしまいます。ですが、自分なりの的確なリズムを掴んでおけば、何年たとうが良いスコアを維持しやすくなります。

 

 

このソヘリの韓国式90切りプログラムDVDでは、スイング時のリズムの身につける練習法やコツが分かりやすく解説してあり、短期間でスコアアップに繋がることでしょう。

 

スコアアップが出来ない最大の原因はリズムにあり!?

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる