格好いいスイングするコツ

格好いい綺麗なスイングが出来ていますか?
同じゴルフをするにも格好よくスイングして、スコアをアップしたいものですね。

 

 

では、あなたがプロゴルファーのスイングを見て、どこが格好いいと思いますか?
おそらく殆どの人はトップとフィニッシュの部分でしょう。

 

 

プロやアマチュア問わず、どんなゴルファーでもこの2つが決まっていれば綺麗なスイングに見えるものです。
また、何よりトップとフィニッシュが格好よく綺麗に見えるという事は、スイング自体が正しく行われているということなので、ゴルフが上達する近道とも言えるのです。

 

 

そして、格好よく綺麗なスングするコツは、トップでは右足で踏ん張って、右に体が流れないようにすることです。更に、右肘の角度を90度にするのも格好よくみせるポイントです。
一方、フィニッシュでは、右足の裏側を目当てと反対側を向くぐらい体重を左足にかけて踏ん張ることが大事です。

 

 

ただ、上体に力が入って腕で振ろうとしまうと、トップで体の線がくの字になりますし、フィニッシュでものけぞってしまい、ギッタンバッコンの格好の悪いスイングになってしまいます。
その為、フィニッシュでは体が前のめりにならないように気をつけ、上体はリラックスしてスイングを行うようにすると良いですね。

 

 

いずれにしても、スイングの綺麗さがスコア安定の重要なポイントです。
アドレスとトップ、フィニッシュが決まればスイングが綺麗に見え、方向性も飛距離も安定してくる筈です。
これまで何年も練習しても、全くスイングが定着せずにばらつきがあるのは自己理論などを教えてきた適当なゴルフ雑誌などのせいです。

 

 

ですが、このソヘリの韓国式90切りプログラムDVDでは、韓国人プロが実践している方法で、いつでも崩れないプロ級の綺麗なスイングを身につけることが出来ます。

 

一度身につければ、頭ではなく体が覚えてくれる韓国式スイングの練習法とは?

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる