テークバックの仕方

テークバックが上手く出来ていますか?
アドレスからクラブを後方に上げて、スイングをいよいよスタートさせますが、テークバックは、このボールを打つ為の予備動作で、クラブを後ろへ引き上げる動きですね。

 

 

ですが、自分で上手く出来ているつもりでも、ゴルフ練習場を見渡すと正しいティクバックが出来ている人は殆どいないほど気づかれにくい問題です。

 

 

しかしながら、このテークバックをしっかり会得しておかないと、インパクト時にボールをしっかり捉えることが出来なくなり、いくら力があってもボールは飛びません。
その為、ショットを左右するテークバックの一連の正しい動作をスムーズに出来るように練習することが大切です、

 

 

そして、正しいテークバックの仕方は、アドレスの姿勢からボールをしっかり見て頭を動かさないようにして、スッとクラブを浮かせるような感じで後方にゆっくり引いていきます。
この時に気をつけたいのは、手先でクラブを引くのではなく、左肩を右に押し込むように回してクラブを後方に引いていき、クラブのヘッドが右足のつま先当たりにくるまでは、真横に引くようにします。

 

 

両腕と肩の三角形のフォームを崩さないようにしながら、グリップエンドを押し上げていきます。
腰は水平に回すようにして、グリップは右腰でクラブフェースは正面からやや下を向き、右膝はアドレスした時と同じ形を保ちます。

 

 

そして、手首を折りクラブを立てるようにして腕を真上に上げていき、左腕が水平になるところで手首を折る動作であるコッキングをして出来上がりです。
この時の状態は、姿勢は前傾姿勢を保った状態で、手首は親指側に少し曲げ、左腕は肘を曲げずに伸ばしたままです。

 

 

左膝は内側に入れないように気をつけて、前に軽く出すのは構いません。
以上が基本的な正しいテークバックの仕方です。

 

 

このソヘリの韓国式90切りプログラムDVDでは、コッキングの悩みも解決できる正しいテークバックについて文章では分かりにくい部分も映像で分かりやすく解説してあり、飛距離に悩んでいる方は必見です。

 

飛距離を伸ばす正しいティクバックの仕方をお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる