グリップの握り方次第でミスショットが減らせる

自分に合ったグリップの握り方が出来ていますか?
正しいグリップ基本ができていないと、クラブやスイングが良くてもボールを狙ったところに飛ばすことはできません。

 

 

そして、グリップの握り方の種類には、オーバーラッピング、テンフィンガー、インターロッキンググリップの3つの基本の形があります。
オーバーラッピンググリップは、プロ、アマともに最も一般的で、右手の小指を左手の中指と人差し指の間に乗せる握り方です。両手の力を均等にでき、右手の力を抑えることでスイングがしやすくなるでしょう。

 

 

テンフィンガーは、別名ベースボールグリップとも呼ばれており、野球のバットを握る形と似ています。10本の指で握ることから、力が入れやすいとうメリットがありますが、手首が不安定になりやすいです。

 

 

インターロッキングは、左手の人差し指と右手の小指を絡ませて連結させる握り方です。
その為、両手をしっかり結びつけることができ、グリップが緩みにくいです。
しかし、左右の手をしっかり連結させることがら手首の柔軟性が他の握り方より劣ります。

 

 

グリップは体とクラブの唯一の接点でもあるので、両手での一体感があって、しっかり握れてぐらっかないでスイング出来る自分に合ったグリップの形を見つけることが大切です。
ただ、力の弱い女性ゴルファーなら、自然で飛距離も出る力を入れやすいテンフィンガーグリップが向いているかもしれません。

 

 

参考までに、この握り方の手順は、まず、左手の人差し指の第1と第2関節の間と小指のつけ根にクラブのグリップを置き、そのまま親指を除いた残りの4本の指で握ります。
そして、親指をグリップの中央よりも少し右寄りにあてて、真っ直ぐに握ります。

 

 

この時に強くグリップを握りすぎると、腕や肩に力が入りすぎることがあるので、左手は親指と人差し指は添える程度で、残りの3本の指でしっかり握るようにすると良いでしょう。

 

 

いずれにせよ、ちょっとしたグリップの緩みやズレがミスショットに繋がるので、アドレスに入る時は、いつもの手順に従って行うことが大切です。
最初は、これまでのグリップの握り方と違和感があったとしても、正しい握り方に慣れて、毎回チエックして練習することこそが、時間を無駄にしないで短期間でスコアアップに繋がる近道でしょう。

 

 

ミスショットを減らすグリップの握り方をお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる