バックスイングの正しい手順

バックスイングの正しい手順をご存じですか?
アドレスの構えから、クラブを引いて振り上げるスイングの始まりがバックスイングですね。

 

 

この始動動作が滑らかにスムーズに正しく出来れば、そのショットの8割は成功したとも言われます。
そして、バックスイングでは、クラブを右に引くティクバックから始まります。

 

 

テイクバックでは、左脇を締めることが大切で、ここがスイングの起点となります。
そして、絞った左脇は変えないで、両肘の位置を維持しながら、左膝に体重の70%をかけて、グリップした手を低く押し上げて真っ直ぐに引いていきます。

 

 

両膝は軽く曲げ、重心を下に押さえておきます。
左膝に体重をかけたまま、絞った左脇を緩めずに、両肘の間隔を維持しながら、左の手と腕でグリップエンドを押し上げていきます。

 

 

腰は自然に回るようにしますが、単に回転させるだけではなく、右腰は後方に引いて曲げるイメージで行います。
左腰は我慢して動かさないようにし、右腰が引くために、おのずと動かされるようにすると良いです。
この時には、重心を低くして、左ひざは内側に入れないようにします。(前に出すのは良いです。)

 

 

そして、左脇を絞ったまま、左手でグリップエンドを押し上げれば、おのずとバックスイングの頂点のトップスイングが出来上がります。
グリップは耳の高さにくらいで、右腕で決して引き上げないようにします。この時に左のかかとは上げないように注意してください。

 

 

体重は、左膝に一貫して7割ほどかけたままにして、右ひざの内側に張りを持たせるようにしましょう。
また、体重移動は考える必要はありません。
このように左わきを絞ったままバックくスイングすることで、おのずとインサイドインのストレートのスイングの軌道になります。

 

 

なお、ゴルフは、大きく振りかぶったら飛ばせる野球のようなスポーツとは違い、力の伝え方について原理が違います。

このソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)では、何故、スリムな女子プロ達でも、250ヤード以上をガンガン飛ばせることができるのかは、正しいバックスイングの手順と合わせて、別のところに力を入れているのです。そのコツを知れば、年齢、性別関係なく飛距離を伸ばすことが出来るようになるでしょう。

 

何故、バックスイングを大きくしてもパワーがでず、遠くまでとばないのか?

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる