実戦ショットのコツ

ここでは、ゴルフコースでのショットのコツなどを中心に、実際に直面する様々な状況と共に解説しています。
アプローチからパッティングまで磨きをかけましょう。

 

実戦ショットのコツ記事一覧

アプローチショットの打ち方やその種類をご存じですか?ゴルフコースに出てグリーンの近くになると、アプローチショットが必要になりますが、一球でカップインといかないまでも、ワンパットで狙える位置まで寄せたいものです。ドライバーでの飛距離を競う場合でのショットでは、女性は男性に一歩譲ることもあるかもしれませんが、正確差を競うアプローチショットなら、女性でも男性に負けることはありません。グリーンの近くに出来...

ランニングアプローチが上手く出来ますか?ボールとグリーンとの間にバンカーや深い芝生などがなく、転がしやすい場合なら迷わずランニングアプローチですね。使うクラブはなるべくロフト(クラブフェースの角度)の小さいクラブを使うのが基本です。また、グリーン近くは9番かピッチングウエッジを使うと決めつけないほうが良いと思います。ボールを転がすなら、ミドルアイアンあたりが妥当でしょう。ランニングアプローチの打ち...

ティポット跡からのショットが上手くできますか?フェアウエイショットで芝生が削りとられた場所がティポットですが、なぜかいつもはまってしまうというアマチュアゴルファーの人も少なくないでしょう。せっかくナイスショットを打ったのに、ティポットにボールが転がり込んでしまいがっくりと落ちんでしまうことがありますよね。ですが、ひとくちにティポットといっても、ボールの位置によってはショットの打ち方も変わってきます...

斜面からのショットが上手く出来ますか?丘陵コースなどでは、ホールのサイドが斜面になっていることもよくありますが、そこに打球が止まってしまうと、少々厄介なショットになってしまいますよね。足場が、つま先上がりになって後ろいにひっくり返りそうだったり、反対につま先下がりで、つんのめるようになってスイングしなければいけなくなります。そして、このような斜面からのショットの打ち方で重要になるってくるのが、足場...

バンカーショットの打ち方が上手く出来ていますか?バンカーの中でも砂に潜りこんだボール(目玉)は、通常のバンカーショットでは脱出することが出来ませんね。何故なら、ボールの下までヘッドを潜り込ませることが出来ないからです。その為、砂に潜りこんだ目玉の場合は、ボールをピンに寄せることは考えないで、一発で出すことに集中するようにしましょう。そんな砂に潜りこんだボールである目玉のバンカーショットの打ち方とし...