ランニングアプローチのコツ

ランニングアプローチが上手く出来ますか?
ボールとグリーンとの間にバンカーや深い芝生などがなく、転がしやすい場合なら迷わずランニングアプローチですね。

 

 

使うクラブはなるべくロフト(クラブフェースの角度)の小さいクラブを使うのが基本です。
また、グリーン近くは9番かピッチングウエッジを使うと決めつけないほうが良いと思います。ボールを転がすなら、ミドルアイアンあたりが妥当でしょう。

 

 

ランニングアプローチの打ち方やそのコツとしては、ボールを転がすので体とボールの間隔は近くなります。
そして、転がしやすくするためにクラブは短く持ち転がしやすいラインが見えやすいようにやや左足を引いてオープンスタンス(足幅は狭く)にして、ボールはスタンスの中央か、右足寄りにくるようにして構えます。

 

 

ショット自体は小さいですが、それでも打つ時に体が流れてしまうと目標を外してしまうので、体重は左膝にかけて最後までその状態で打ち、クラブフェースをボールに向けたままテークバックし、距離に応じて大きさを調節します。
ですが、向かって時計の7時半くらいが限度かもしれませんね。

 

 

そして、そのまま左肩を振り子の支点にして左右対称にして打ち、フィニッシュは5時くらいになります。
少し長いランニングアプローチの場合は、右膝を送るようにし、この時もアドレスの構えは変えずにインパクトします。

 

 

いずれにしても、このショットはインパクトからフォローにかけて、左手の甲はボール転がしていくラインに対して、スクエアの真っ直ぐになっていることが大切で、手首の返しはありません。

 

 

また、結果を確かめようと顔を早く上げがちになってしま人もいますが、そうすると体が伸びて、ボールの頭を叩いたりグリップが緩んだりすることもあるので注意しましょう。

 

 

なお、このソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)では、プロが実践するランニングアプローチの正確な飛距離を可能とするコツが学べます。

これを知れば、正確無比なアプローチ出来るようになり、グリーンを制覇したも同然でしょう。

 

悠々とホールアップ出来るランニングアプローチのコツをお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる