ティポットからの打ち方

ティポット跡からのショットが上手くできますか?
フェアウエイショットで芝生が削りとられた場所がティポットですが、なぜかいつもはまってしまうというアマチュアゴルファーの人も少なくないでしょう。

 

 

せっかくナイスショットを打ったのに、ティポットにボールが転がり込んでしまいがっくりと落ちんでしまうことがありますよね。
ですが、ひとくちにティポットといっても、ボールの位置によってはショットの打ち方も変わってきます。

 

 

その中でも最も悪いのがボールがティポットの一番後ろ(右側)にある場合でしょう。
こうなるとボールとヘッドの間に芝が入り込んでしまうので、直接ボールを打つことが出来ません。

 

 

その為、このようなライのティポットからの打ち方は、ボールをスタンスの真ん中よりやや右に寄せて、グリップがボールに先に来るハンドファーストに構えてインパクトの形を作ります。

 

 

クラブは左手の中指と薬指、小指お3本で芝に負けないようにいつもよりきつく握り、バックスイングやダウンスイングも普段より鋭角にして、ヘッドでボールを上から押し潰すように打ち込みます。
つまり、ボールをやや右寄りに置いて上からボールにヘッドを打ちつけ、フォロースルーを取らない打ち方であるパンチショットで、ゴロを打つような感じで行うわけです。

 

 

その為、フォロースルも大きくする必要はなく、ボールはトップしたように低い弾道で飛んでいくので、飛距離の計算がしずらく、いつもより飛距離が落ちます。
とは言っても距離でクラブを選んではいけません。なるべくロフトのあるクラブを選んで、少しでもグリーンに近づけることを考えましょう。

 

 

一方、ボールの位置がティポッドの真ん中や左側になる時の打ち方は、左手のグリップをいつもよりきつく握って、ショートアイアンと同じようにショットすれば良いでしょう。

 

 

ただ、芝を削り取られているので、ボールの位置が芝の上にある時より低くなっているので、下半身をどっしりたアドレスを作って、両膝の高さを変えないように気をつけて、コンパクトのスイング意識しましょう。

 

 

なお、このソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)では、平地で打つのと同様に、見事なほどまで真っ直ぐに飛ばすことが出来るティポットの打ち方が学べ、トラブルショットでもスコアを崩さないで済むでしょう。

 

ティポットからナイスアウト出来る打ち方をお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる