斜面からのショットの打ち方のコツ

斜面からのショットが上手く出来ますか?
丘陵コースなどでは、ホールのサイドが斜面になっていることもよくありますが、そこに打球が止まってしまうと、少々厄介なショットになってしまいますよね。

 

 

足場が、つま先上がりになって後ろいにひっくり返りそうだったり、反対につま先下がりで、つんのめるようになってスイングしなければいけなくなります。
そして、このような斜面からのショットの打ち方で重要になるってくるのが、足場を固めることでしょう。

 

 

まず、つま先下りの傾斜の場合は、足元よりボールが低くなるので、そのまま立って打とうとすると前のめりになってしまいます。
その為、このような斜面の打ち方のコツとしては、スタンスを広めにとって体重をかかとにかけて、膝を十分に曲げてアドレスを安定させると良いです。

 

 

また、大きく体を使うようにしてしまうと姿勢が崩れやすくなるので、グリップに体を出来るだけ近づけるようにして、腕と手だけで主にスイングをするのです。
また、この時に気をつけたいのが、両膝です。

 

 

体重をかかとにかけてしまうと、両膝が曲がりますが、スイング中には絶対に伸ばさないようにします。
膝を伸ばしてしまうと、空振りやトップなどのミスに繋がってしまうからです。

 

 

一方のつま先上がりの傾斜からのショットは、体がのけぞるような形になってしまうので、両足の土踏まずからつま先に、体重をしっかりかけてスイングすることです。
また、両足よりボールが高い位置になるので、当然、クラブを短く持つことになりますね。
急な斜面になれば、体にシャフトが触れそうになることもあるでしょう。

 

 

緩い斜面なら上半身や膝の送りも出来るでしょうが、急斜面では殆ど手と腕だけのスイングになります。
そして、つま先上がりの傾斜からのショット打ち方のコツとしては、アドレス時の頭の頭の位置を動かさないことでしょう。
特に、頭が前後にブレると殆どのミスショットになります。前に頭がブレるとダブリになりますし、後ろだと空振りか、トップを起こしてしまいます。

 

 

どちらにしても、つま先上がりでは左に打ち出しやすく、つま先下りだと右に飛び出しやすいので、それを頭に入れて初めからつま先上がりの時は右寄りに、つま先下りの時は左寄りに意識して打つようにすると良いでしょう。

 

 

なお、あなたを悩ます様々な斜面からのショットも、たった3つのポイント(コツ)さえ知っていれば、何も怖くはありません。

このソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)で、上がりでも下りでも共通して使える3つのポイントを覚えれば、どんな形の傾斜からでもナイスショットを連発することが出来るようになるでしょう。

 

上り下りの斜面に打ち勝つ3つのポイントをお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる