バンカーショットの打ち方(目玉)

バンカーショットの打ち方が上手く出来ていますか?
バンカーの中でも砂に潜りこんだボール(目玉)は、通常のバンカーショットでは脱出することが出来ませんね。

 

 

何故なら、ボールの下までヘッドを潜り込ませることが出来ないからです。
その為、砂に潜りこんだ目玉の場合は、ボールをピンに寄せることは考えないで、一発で出すことに集中するようにしましょう。

 

 

そんな砂に潜りこんだボールである目玉のバンカーショットの打ち方としては、まず、ボールをスタンスの中央にくるようにし、両足を砂に潜り込ませて、体重を左足の内側に多めにかけます。
次に両方の膝を球を打ち出す方向に対して平行にして、スクエアスタンスで構えるようにします。

 

 

そして、サンドウェッジのフェースの最も下のラインを球を打ち出す方向と90度にして、フェースをかぶせて、ヘッドを砂に打ち込む位置の上にセットします。
この時に砂の抵抗があるので、普段よりもグリップを強めにしっかり握ります。

 

 

バックスイングでは手首を親指側に折りながら、通常より鋭角的に上げていきます。また、ダウンスイングも同じように鋭角に振り下ろして、サンドウェッジのリーディングエッジをボールのすぐ手前に打ち込んでいきます。
ここが通常のバンカーショットとは違うところですね。

 

 

フォロースルは振り抜くことはしないで、ヘッドを前に押しやるような感じで行うだけでいいです。
以上が、砂にボールが潜り込んだ目玉のバンカーショットの打ち方です。

 

 

いずれにしても、砂に潜り込んだボールを上げて飛ばそうとして、すくい上げて振り抜こうとするのは無茶です。
ボールが埋まっている深さまでヘッドが届きませんし、砂の抵抗もありヘッドスピードが落ちるので、バンカーから一発で脱出すことを不可能にするだけでしょう。

 

 

どちらにしても、バンカーで一番厄介な砂を打つ方法が分かればバンカーショットも怖くなくなります。

 

 

このソヘリの韓国式90切りプログラム(DVD)では、バンカーから効率的にアウトするポイントである砂を打つコツが分かります。

ここにバンカーショットのカギがあるのです。これが出来るようになれば、これまでのようにバンカーで大きく崩すことがなくなり、安定したスコアを手に入れることが出来るようになれるでしょう。

 

バンカーショットを克服する為の砂を打つ方法をお教えします!

 

韓国式90切りプログラムDVDの詳細を見てみる